他人の空似

15年くらい前に、よく集まる友人にそっくりな人を電車で見かけたことがあります。目を疑うくらいそっくりでした。雰囲気がちょっと違うかなくらいです。もちろん、友人とはそんなところで会うはずのない電車だったわけで、双子かなみたいな。

その時はメールで「実は双子だったの?」と送って、すぐにNoの返事が。そっくりさんは、その間に携帯を操作していないので本人ではないですし、他人の空似というやつです。

そのような経験をしていましたので、他人の空似は有るということを知っているのですが…、故人にそっくりな方を先日お見かけし、本当にびっくりしました。声や笑った顔もそっくりで思い出すと涙が出ます。

そういった意味では、心霊系でだまされる詐欺事件ってあるじゃないですか。だまされて信じてしまうのはなかなか防げないと痛感しました。頭ではなく、強く思う心といいましょうか気持ちの部分がありますからね。年を取って老後になったら注意しないといけないなと思います。

もちろん、生きた人間なわけで実際のところとしては、赤の他人なわけですが、気持ちが救われたといいましょうか、そのような出会いに感謝です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

斎藤 実

Author:斎藤 実

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック