デマの拡散


因縁をつけて高速道路上で車を停止させ死亡事件がありました。極刑を願うくらいの言葉もでない痛ましい事件でした。

そして、そのようにこの事件を許せないと思う方が多かったのではないでしょうか。デマが拡散してしまい二次被害も起きていたそうです。加害者の一族で経営している会社として、まったく関係ない会社がネット上で拡散されてしまい、抗議の電話がまったく関係ない会社に殺到したそうです。

このようなデマの拡散は、結果として集団暴力としか言えないのかもしれません。とても恐ろしいことだと思います。以前書いた「さくらインターネットで https の 301 が失敗し、改めて感じたこと」の時から、ネット検索で「間違ったコピペ記事が並んでいる」と気になることがありました(同じ間違いの内容を書いたサイトが検索上位に並ぶことがあります)。ネットで書かれていることが必ず正しいというわけではありません。間違っている情報もあります。もしネットに書かれている情報を拡散するときはデマではないことを確認しておきたいところです。この二次被害を聞いて改めて情報発信の責任を感じました。

職人さん


駅前の立ち食いそば屋さんで思ったことです。

私の予想では70才を超えているお父さんが働いています。たまたまカレーライスのご飯をよそう場面を見たのですが、動きが優しいと言いましょうか。よくよく見るとすべての所作が美しく感じます。きっと和食の職人さんだったのではないかなと。

ちなみに、若いスタッフさんも丁寧に仕事をしていますが、動きがどこか違います。それと、どこのファーストフード店でも感じますが、外人のスタッフさんはやっつけ感が満載というケースが多いですよね。

世の中、一日は無理だけど、体力の持つ数時間のアルバイトならOKという、引退された職人さんがいらっしゃると思うんですよね。現場に立つだけではなく、若いスタッフのトレーニングをしてもらったりとか、働いてほしいフィールドがたくさんあるんじゃないかななんて思ったりします。

もちろん、私も回路の試作等などをされていた職人さんで、体力の持つ数時間のアルバイトならOKなんて方がいらっしゃったら相談に乗ってほしいななんて思います。駅前の立ち食いそば屋さんでふと気付きました。


他人の空似

15年くらい前に、よく集まる友人にそっくりな人を電車で見かけたことがあります。目を疑うくらいそっくりでした。雰囲気がちょっと違うかなくらいです。もちろん、友人とはそんなところで会うはずのない電車だったわけで、双子かなみたいな。

その時はメールで「実は双子だったの?」と送って、すぐにNoの返事が。そっくりさんは、その間に携帯を操作していないので本人ではないですし、他人の空似というやつです。

そのような経験をしていましたので、他人の空似は有るということを知っているのですが…、故人にそっくりな方を先日お見かけし、本当にびっくりしました。声や笑った顔もそっくりで思い出すと涙が出ます。

そういった意味では、心霊系でだまされる詐欺事件ってあるじゃないですか。だまされて信じてしまうのはなかなか防げないと痛感しました。頭ではなく、強く思う心といいましょうか気持ちの部分がありますからね。年を取って老後になったら注意しないといけないなと思います。

もちろん、生きた人間なわけで実際のところとしては、赤の他人なわけですが、気持ちが救われたといいましょうか、そのような出会いに感謝です。

SEOで思ったこと。

以前このブログで書いた「さくらインターネットで https の 301 が失敗し、改めて感じたこと」の時から、ネット検索で「間違ったコピペ記事が並んでいる」と気になることがありました(同じ間違いの内容を書いたサイトが検索上位に並ぶことがあります)。半信半疑ではあるものの、これってSEOなんだろうなって疑問があって、たまたま目にしたSEOセミナーに参加してきました!

そして結論としては、私がなぜだろうと気になっていた、法則性があるようです。ただし、法則性の表現を変えると、伝える文章の書き方みたいな、むしろ、とても良いことです。検索エンジンは検索するユーザーに良いものを提供しているわけであって、良いものと判定してもらえる形に沿って文章を書くのは当然です。

私が唯一問題と思う点は、検索エンジンが正しい内容、間違った内容を判断できないことでしょう。そのため、同じ間違いの内容を書いた複数のサイトが検索上位に並ぶことがある、というケースが起きています。ただ、正しい、間違いは、実験しないと判断できないと思います。そして検索エンジンが正解、間違えを判定できるのかどうか、究極の問題かもしれませんね。とはいえ、あてにならない情報が溢れても困りますので、解決してもらいたいなと思います。

究極の問題かと思いますので、どのように検索エンジンが成長していくのか、とても楽しみです。

携帯電話との相性が悪く…


どこの会社でも聞く話ですが、不思議なことに同じ方のパソコンが連続して壊れたりします。ただし、これは科学的な原因がないので、実際のところとしてはたまたまというやつです。

私は携帯電話との相性が悪く…、この4年間は毎年携帯を買い替えています。ただし、去年まではアウトレットと言いましょうか、新品なのですが製造から3年とか経ったものを買っていました。ガラケーは通常4万円くらいしますが、アウトレットですと1万円いくかどうかです。

その前は3Gに電波が変わるときに、携帯電話会社のほうで無料交換してくれました。3年以上は使えていたと思えます。その前の携帯電話も長い期間使えていました。なので、前回新品を買ったのですが。ちなみに、ガラホという、見た目はガラケーですがAndroidで動いています。SIMMカードが外れている表示にならないのですが、ネットもメールも電話もできなくなる時があります。初期化したところ頻度はだいぶ少なくなりましたが、たまにその症状が出ます。買い替えるしかないかなと思っています。

それと実験で使っていたAndroidスマホも故障して新しいのを買いました(笑)2年未満だったと思います。そのため、今回寄稿しました、AllAbout記事の「スマホを遠隔操作される手口と、悪用を確かめる方法」でAndroidスマホの画面をアップしていますが、以前とは画面が違っていたりします。

根拠がないためとても不思議ですが、故障が続いちゃうってあったりします。電話帳などはバックアップをこまめにとって保護しておきたいですね!

----------------------------------------------
2015年2月10日から、個人的な活動で株式会社オールアバウト(証券コード2454)社が運営する情報サイト、All About で記事を書くことになりました! 当社のサイトでは事業に直結したトラブルシューティングを書いておりますが、All About さんでは、ぜひ知ってほしいセキュリティの話を書いています。
>> ウィルス対策・セキュリティソフト ガイド

プロフィール

斎藤 実

Author:斎藤 実

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック