FC2ブログ

Firefox がエラーになり、その原因は意外にも…


今年になって突然、ブラウザの Firefox がエラーになりました。Google検索もそうですしFirefoxのサイトもそうですが、httpsのサイトに接続すると、証明書エラーになり開けません。

ただ Firefox を削除してから再インストールするとしばらく使えるようになります。ちなみに、クロームやエッジは問題ありません。

私の経験から考えますと、まずこういうケースは根本がおかしくなっていたりします。つまり、Windowsに異常が起きているため、Windowsの初期化作業が必要です。それとウイルス対策ソフトです。

ということで、まず手軽なウイルス対策ソフトをアンインストールしました。そうしたら、すんなり解決。再びウイルス対策ソフトをインストールしたら再発しました。最終的に、ウイルス対策ソフトのブラウザ保護機能を無効にして改善しました。

でも、他のパソコンではそのようなことをしなくてもFirefoxが動作するため、結局はWindowsの初期化作業をしようと思います。

このようなトラブルって起きるときは起きてしまいます。運悪く起きたときは、初期化が原則ということを今回のトラブルで改めて感じました。

----------------------------------------------
2015年2月10日から、個人的な活動で株式会社オールアバウト(証券コード2454)社が運営する情報サイト、All About で記事を書くことになりました! 当社のサイトでは事業に直結したトラブルシューティングを書いておりますが、All About さんでは、ぜひ知ってほしいセキュリティの話を書いています。
>> ウィルス対策・セキュリティソフト ガイド

10周年に向けて


10周年に向けて

株式会社になって2018年の6月で10期目になります。ありがとうございます。

創業(個人事業)は2006年からでして、昔は法人のお客様でもプリンタの設置や無線LANの設置など出張サポートの機会が多くありました。その頃事務機器は業者に設置してもらうのが一般的でしたし、設置設定の難易度が高いというのもありました。

今となってはプリンタも無線LANも個人宅でも普及しているくらいですから、簡単に設置できるように工夫されています。また自宅で簡単に設置できるくらいですから、今となっては業者に頼むということは少なくなったのではないでしょうか。また創業時にはなく、今よく受ける仕事としてはホームページの改ざん復旧(予防も含めた)です。ハッカーに企業のホームページがやられたので助けてほしいという案件です。5年くらい前から一気に増えました。

創業からITサポートというくくりは変わってないのですが、そのようにサポート内容のリクエストはどんどん変化しています。そして今後の10年(20周年に向けた中長期)で考えますと、どうAIと付き合っていくかが次の課題になるかと思います。次の時代の価値を作れるようにベストを尽くします。

私にとっての2017年を振り返りますと、今まで積み上げてきたことを生かすという応用の年でした。今だから乗り越えられる試練のような感じでしょうか。その経験からパワーアップしているのは間違いありませんので2018年にこの勢いをつなげていきたいです。

それでは、よいお年を!

----------------------------------------------
2015年2月10日から、個人的な活動で株式会社オールアバウト(証券コード2454)社が運営する情報サイト、All About で記事を書くことになりました! 当社のサイトでは事業に直結したトラブルシューティングを書いておりますが、All About さんでは、ぜひ知ってほしいセキュリティの話を書いています。
>> ウィルス対策・セキュリティソフト ガイド

デマの拡散


因縁をつけて高速道路上で車を停止させ死亡事件がありました。極刑を願うくらいの言葉もでない痛ましい事件でした。

そして、そのようにこの事件を許せないと思う方が多かったのではないでしょうか。デマが拡散してしまい二次被害も起きていたそうです。加害者の一族で経営している会社として、まったく関係ない会社がネット上で拡散されてしまい、抗議の電話がまったく関係ない会社に殺到したそうです。

このようなデマの拡散は、結果として集団暴力としか言えないのかもしれません。とても恐ろしいことだと思います。以前書いた「さくらインターネットで https の 301 が失敗し、改めて感じたこと」の時から、ネット検索で「間違ったコピペ記事が並んでいる」と気になることがありました(同じ間違いの内容を書いたサイトが検索上位に並ぶことがあります)。ネットで書かれていることが必ず正しいというわけではありません。間違っている情報もあります。もしネットに書かれている情報を拡散するときはデマではないことを確認しておきたいところです。この二次被害を聞いて改めて情報発信の責任を感じました。

職人さん


駅前の立ち食いそば屋さんで思ったことです。

私の予想では70才を超えているお父さんが働いています。たまたまカレーライスのご飯をよそう場面を見たのですが、動きが優しいと言いましょうか。よくよく見るとすべての所作が美しく感じます。きっと和食の職人さんだったのではないかなと。

ちなみに、若いスタッフさんも丁寧に仕事をしていますが、動きがどこか違います。それと、どこのファーストフード店でも感じますが、外人のスタッフさんはやっつけ感が満載というケースが多いですよね。

世の中、一日は無理だけど、体力の持つ数時間のアルバイトならOKという、引退された職人さんがいらっしゃると思うんですよね。現場に立つだけではなく、若いスタッフのトレーニングをしてもらったりとか、働いてほしいフィールドがたくさんあるんじゃないかななんて思ったりします。

もちろん、私も回路の試作等などをされていた職人さんで、体力の持つ数時間のアルバイトならOKなんて方がいらっしゃったら相談に乗ってほしいななんて思います。駅前の立ち食いそば屋さんでふと気付きました。


他人の空似

15年くらい前に、よく集まる友人にそっくりな人を電車で見かけたことがあります。目を疑うくらいそっくりでした。雰囲気がちょっと違うかなくらいです。もちろん、友人とはそんなところで会うはずのない電車だったわけで、双子かなみたいな。

その時はメールで「実は双子だったの?」と送って、すぐにNoの返事が。そっくりさんは、その間に携帯を操作していないので本人ではないですし、他人の空似というやつです。

そのような経験をしていましたので、他人の空似は有るということを知っているのですが…、故人にそっくりな方を先日お見かけし、本当にびっくりしました。声や笑った顔もそっくりで思い出すと涙が出ます。

そういった意味では、心霊系でだまされる詐欺事件ってあるじゃないですか。だまされて信じてしまうのはなかなか防げないと痛感しました。頭ではなく、強く思う心といいましょうか気持ちの部分がありますからね。年を取って老後になったら注意しないといけないなと思います。

もちろん、生きた人間なわけで実際のところとしては、赤の他人なわけですが、気持ちが救われたといいましょうか、そのような出会いに感謝です。

プロフィール

斎藤 実

Author:斎藤 実

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック